シュバルツ・ハーツシュバルツ・ハーツ

2年前までファミリーマートがあった場所に、またファミリーマートが出来ている。帰ってきたファミリーマート。その不屈さやリベンジ精神や呪いみたいなものには、ただただ畏敬の念を禁じえなくて、頭が垂直にがつんと下がる思いで、今度こそずっと脈々と続けばいいと、純粋に思う。

しかしこの2年の間、ファミリーマートが潰れてから再び立ち上がり眼の前に現れるまでの間、そのテナントに何の店が入っていたのか、あるいは何の店もなかったのか、既に全く思い出せなくて困惑する。本当に人間の記憶なんて頼りのないものだなどと主語を大きく嘆いてはみたけれど、ひょっとしたらとても単純に、自分個人の注意力や記憶力が度を越えて低すぎるだけなのかもしれないと思い至ってはらはらする。おいおい、と思う。けれども、はなはだ縁起の悪い話ではあるけれど、もし仮にまたあのファミリーマートがあっさり潰れてしまっても、音を立てて崩れて落ちてしまったとしても、緩やかに遠くなっていったとしても、今度はちゃんと覚えていようと思う。真夏の太陽を全身に浴びてチカチカと瞬く開店記念のデコレーションや色彩を伴ったその影を、店の前でスーツ姿で直立し道行く人に挨拶していたオーナーか店長と思しき熟年男性の、嬉しさと少しの不安が入り混じったあの笑顔と含羞を、ずっと覚えていようと思う。確かにファミリーマートはそこに存在した。誰に訊かれても肯定できる。美しい時間は確かに在った。あなたの純粋な笑顔が、そこには在った。行かないけど。覚えているよ。

仕事終わりに書店街に立ち寄って彷徨するゾンビ。大型書店の1階で、エスカレーターに乗った中年男性が何かを眺めながら、慈しむような愛おしむような温めるような表情で下降してくる様を目にする。一体どれほどに可愛い猫の写真が飾ってあるのだろうと興味を惹かれその男と同じようにエスカレーターに乗って同じ方向を覗き込んでみると、そこには楽に3回は死んでいるような惨め極まった陰鬱な幽霊の姿があった。それは紛れもない自分自身の姿だった。それは一枚の鏡だった。 

自分の言葉を話すことができない呪いをかけられたエコーは、美しい青年ナルキッソスに恋をするが「他人の言葉を繰り返すばかりで退屈だ」と見捨てられてしまう。身も心も衰弱し消え失せて声だけの存在となったエコー。一方のナルキッソスも度重なる傲慢な態度によって多くの怒りを買い、報われない恋の呪いをかけられてしまう。ある日森に迷い込んだナルキッソスは泉の水面に映る美しい青年に恋をする。しかし、どれだけ愛の言葉を囁いても水面の青年は何一つ言葉を返してくれなかった。それでもそこから離れることが出来ず、日夜水面に愛を囁き続けたナルキッソスも、やがて衰弱して消えてしまう。最後の時の別れ際、最後の力を振り絞ってナルキッソスは水面に囁いた。「美しい人よ、さようなら」その時誰かの声が聞こえた。「美しい人よ、さようなら」

自己否定感がどろどろの骨髄液になっていて、自己どころか罪もない自分の好きなものや人まで否定してまうような堕落しきった我が身としては、自己肯定感が強い人は本当に凄まじく輝いて見えて、太陽よりもひたすら眩しくてエッジワース・カイパーベルトよりも静謐で神秘的に思える。彼らと自分の星の間には巨大で分厚い水槽の隔たりがあって、向き合って同時に覗いてみたってそこに映ってみえるものは何もかも全く違うのだ。それがどれだけ憂鬱であって、それがどれだけ素晴らしいことか、きっと誰にも分らないけれど、昔、友人と行き場なく喫茶店でくだをまいていたら隣のテーブルの見知らぬ女性が退席した時に、「今の女、自分の写真待ち受けにしてたわ」と友人は笑ったけど、それを聞いて自分も「まじか」って笑ったけど、その時本当は「すこぶるいいな」と思ったんだ。「100万円あげたい」とも、思った。

 

www.youtube.com

 

HOOK

今日も太陽が明朗に微笑んでいて、それを避けるように逃げるように、後ろめたい気持ちで目を伏せ地下鉄に向かう。早く太陽も自分で選べる時代が来るといい。

地下鉄の車内。途中の駅で、こちらが詰めれば詰める分だけ大股を開いて座席を侵略してくるタイプの人間がなんと両隣に座ってきて、このまま自分はどこまでも小さくなっていっていずれ消滅してしまうのかと思ったし、どうせならいっそ早く消滅してしまいたかった。

命からがら、地上に這い出す。無表情で突っ立っている自動販売機、缶コーヒーを買う。取り出した缶の表面には決して無視できない大きな凹み。補充する人が一度思い切り落としたのだろう。忌々しい気持ちでプルタブを引いて喉に流し込む。その時、握る親指に缶の凹みがジャストフィット。電流が走ったかのように、感情が微振動を起こす。

凹凸があるから重なり合えるのだ。フックがあるから繋がれるのだ。知っていたはずなのに、いつからか他人事だと思っていたな。理解することもされることも最初っから諦めて、いつも当たり障りのない球体の言葉で茶を濁すばかりの自分と目が合った。それは、名前の知らない虫だった。全部上の空だった。空はひどく青かった。どこまでも深かくて。

 

www.youtube.com

 

わだかまる

本日も快晴、夏も盛りという感じ。文月。

 

吉野家タコライス。値段の割にちゃんとタコライスタコライスを食べるために一人で沖縄風居酒屋に行くのが少々悲しかったのでこれは嬉しい。

 

趣味としてだらだら続けていた制作を、最後にちゃんとしたものを作って終わりにしたいと思ってから1年経った。まだまだ終わりが見えないどころか最近は手をつけてすらいない。大体毎回何でもそうで、ちゃんとしたのを作ろうとか、ちゃんと誤解なく話したいとか、ちゃんと整理したいとか、こだわりや執着を持ってしまったらもう駄目なのだ。じっくり時間をかけて手直しや考え直しを重ねているうちに、少しずつそれに触らなくなっていって、好きで始めたことがいつの間にか自分の重荷になってしまう悪癖。時間がない、疲れているなんて自分に言い訳しながらも、罪悪感に捕まって完全に投げ出すこともできなくなっていく循環参照の自家中毒

人から貰って嬉しかったものだって勿体なくって使わずにしまっているうちに、気付いた時には駄目になっている。実家の本棚には最終巻だけ買ってない漫画がたくさんある。大切なものほど指先に埃がつく。

だから自分がそういう人間であることが痛いくらいに分かっているから、なるべく新しいことを始めないように、新しいものを手に入れないように気を付けて生活していたら、手元にあるのは中途半端な残骸だけになっている。頭抱える。

 

 

進捗なしで夜歩く。暑さは感じないが歩けばじんわり汗をかく。

駅前、繁華街、大通り。左折してきたバスのライトが眩しくて、体には生温い風がまとわりついていて、心中には重たい気持ちがそのままあって、通り過ぎていく人の汗や香水のにおいや、時折流れてくるコンクリート打ちっぱなしの居酒屋特有のアルコールとカビが混ざり合ったにおいや、それらに付随してくる記憶やノスタルジーや、イヤホンから聴こえてくる音楽や、イヤホンの外から聞こえてくるエンジン音や雑踏とか、諸々の情報量の多さとそのひとつひとつの強さに目が眩む。

日本中に満遍なく夏が来ていて、そこで暮らす誰しもみんながちゃんと夏を越えているのだと思うと、とても不思議な気がする。

 

www.youtube.com

じめじめ

土曜日。日が傾ぐのを待って外出。雨が降って止んでいる。

 

本を3冊買って喫茶店。アイスコーヒーを頼んで、15分待つ。

 

別に差し迫った予定もないし、早くコーヒーを飲みたくて仕方なかったわけでもなくて、空調の効いた部屋でソファーに腰掛けて煙草でも吸いながら買ったばかりの本を読むことが、あってないような自分の人生の中の唯一と言っていいほど真っ当で幸福な時間であって、そこで他人が入れてくれたコーヒーを飲めたならもう最高で言うことなくて、だからちょっとコーヒーが来るのが遅いくらい全然どうってことないし、誰もなにも多くを求めたりしないよって待っている間は思っていたのに、早足でやってきたウエイターが精一杯の申し訳なさそうな表情で「大変お待たせしました」と恐る恐るコーヒーを置いた途端に、「ああ、とても申し訳ないことをされていたのだな」と感じて急に不機嫌になるから笑う。

 

 

www.youtube.com

特定の感情が遊離していく。

解像

少しだけ寝坊して飲まず食わずで飛び出していつもの電車に間に合ったものの乗り換え電車が遅延して結局遅刻する人生。

 

苛立ちと空腹が綺麗に相殺し限りなく透明な精神状態のまま、時間だけが流れる。

頭の中はずっと不織布の模様で、吐瀉物跨いで家に帰る週末の夜。

  

駅前の大通りを抜けてから家に辿り着くまでの狭い路地のその間に居酒屋が3軒あって、金曜の夜から月曜の朝にかけて道の上は地獄の穴から噴き出したようなマグマで溢れている。思わず目を覆いたくなるような光景ではあるが、目を瞑って歩いていたら穴からそのまま落ちてしまうので、ちゃんと前を向いて歩いていかなくては、いけない。

 

 

soundcloud.com

本家より好き。

 

疲れているとよりシンプルな方へ、よりローファイな方へと頭が流されていく。ビットレートの高いものを受け付けなくなる。

そして恐らく,、一生の8分の7くらいは疲れている。

雨、のち曇り、のち雨。置き傘ばかり増えていく。

 

止んだと思って出掛けたらまたすぐ降ってくる現象なんだろう。

雨男とか雨女とか自称する人が嬉しそうなのなんでだろう。

自虐を交えた雨男雨女の名の取り合いや張り合いは不毛だから止めにしよう。

かくいう自分も雨男なので、土砂降りのそこできっと傘をさしてあげるよ。

 

 

 

www.youtube.com

noble labelばっかり聴いて過ごせたら最高なのに、大体合わない気分に嵌ってしまう。

三毒

日曜日、曇り。雨が降る一歩手前のような湿度で、快適とは言い難いが決して暑すぎない、悪くない天気。逡巡の末、本日をそれなりの悪くない気分で過ごすことに決める。

知人と誘い合ってラーメンを食べに出かけるが、目当てのラーメン屋に辿り着く前に、通りがかった串揚げ屋に吸い込まれてしまう。それなりに悪くない気分のせい。

ポテトサラダが美味しかった。

要らぬ冒険心で、最後に頼んでみたクッキーアンドクリーム串。これが大失敗。しっとりとした衣に包まれた熱々でサクサクのオレオ。狂気以外の何者でもない。互いを喰い合うウロボロス。行き過ぎたフリージャズ。不条理のピンスポット、というところ。肉や野菜が美味しかったからといって、なんでもかんでも串刺しにして揚げてしまうのはきっと人間のよくない癖だし、いずれ崩れてしまうバベルの塔だ。貪すれば貧する。ともすればこれは、あの串揚げ屋が打ち鳴らす人類への警鐘なのかもしれない。

 

明日からまた仕事であることを信じたくなくて、知人と別れた後もなんとなく一人で街を彷徨い歩くが、結局明日はやってくるし特に何も楽しいことはなくただ疲れただけだった。欲張るとろくなことがない。

 

www.youtube.com

CDしか聴いてなかった頃John Zornってもっと気難しそうな人かと思っていたけど、凄い楽しそうにやっていてかっこいい。

 

異国のバンドの異国のステージの真ん中で、ボーカルというよりひたすら奇声を上げる役割で、完全に成立している山塚アイも凄い。

 

あと一曲一曲の短さに思わず破顔。