読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

怪気炎

水に眠る

日曜日、今日も快晴。無神経な日差し。歩く影がアスファルトに焦げつく。 遮蔽物の少ない大通りを避け路地を歩く。脇にある公園、タクシードライバーが煙草を吸っている。 子供の頃読んだ北村薫の短編で、夏のとても暑い日の中でとある男女がコンビニかどこ…

サマーエンド

ほかほかごはんの陽気。ふりかけの気分。ほぐされ混ぜられてゆっくりと希薄になっていく自我。 www.youtube.com このような反復

憂鬱だと涼しい

天気雨。狐や悪魔の結婚式。雨の中待たされて合流する頃にはすっかり止んでいる。 いつもより少しだけ早い時間に帰れたら、電車はいつもより少しだけ混んでいる。ドアガラスに項垂れかかる人をそのままに景色だけが動いて、太陽が尾翼を損傷したみたいに水平…

Come on my Selector

一日中雨。傘を持って出かけたのに途中でなくす。傘はその重要度や献身性のわりに人類から軽視されがち。平日と休日でダイヤが違うのは仕方ないのは重々承知。しかしいつだって土曜に出る日は恨めしい気持ち。慎重に韻を踏む。 昼食はコンビニで済ます。雨の…

東京の若いバンド長回しで夜の街を徘徊しがち

この季節昼は暑いけど夜は涼しくて肌寒いくらいで風呂上りフラット最寄りのコンビニまで行くつもりがついつい2、3駅分くらい歩いてしまって絶句する。 www.youtube.com www.youtube.com www.youtube.com www.youtube.com いうほど若くなかった

夕映え

空は曼荼羅。夏になってもこれくらいの気温ならばいいのに。 電車に乗っている人は皆死んだ目で毅然とした態度。 今日は珍しく冷蔵庫に肉が入っている。固く冷たい扉を開くとそこに未調理の肉が見える。生々しく赤く頼りなく柔らかな剥き出しの肉。 肉を内包…

Largo

ストレスとのバトルは全戦全敗。胸の内側が滝になって、インナーチャイルドは憤死。その下で育つ隠花植物。緩やかに。 出来るだけ多くの影を踏んで歩くのは、呪いなんかじゃなくて日差しが苦手だから。 朝。通勤電車、隣に吊り革に掴まりながら片手で鼻をほ…

おめおめと

朝。珈琲、ミニクロワッサン。部屋にいるより外の方が涼しい。雨が降ったあと。 夜。神保町、すずらん通り。夏の終わりの風がゆっくりと吹き抜ける。有名な古書店街は軒並みシャッターが下り、人影もまばら。薄暗闇の中でぼんやりと光るすずらんの形の街燈。…

スパシーババジャールスタ

朝。サブレ、珈琲。サブレはローソンで買った『ラ・メール・プラール』という品。味に特筆すべきことなし。好天気、洗濯。喉が渇く。 昼。コンビニ。女子大生と思しきアルバイトの店員、話し方もレジの打ち方もこなれ感が凄い。ネームプレートを見たら〈トレ…

おめでとう

朝。珈琲、おとうふどーなつ(紅茶味)。無駄な甘さがなく、ストイックな印象。紅茶の爽やかな香りと仄かな渋味が起き抜けの舌に心地いい。味自体は理想に近いのだが、多分に湿り気を含んだぼてっとした食感が少々ひっかかる。今俺豆腐食ってんだなという無視…

やよい

朝、珈琲、昨日の残りのオールドファッション。やはり普通のオールドファッションより甘い。甘いものは嫌いではないが、酸味や苦味のないシンプルな砂糖の甘さは苦手だ。忸怩たる思いを胸に出立。 夜、帰り道。傘を差さないで済む程度の小雨。凹凸のない綺麗…

笑顔でさようなら

朝、執行の日を迎える受刑者の気持ちで目覚める。銃殺の朝。珈琲、ローソンのオールドファッション。甘すぎるので半分だけ。外は雨。沈痛な気分に合わせ黒い大きな傘で出発。雨は電車に乗っているうちに止んでしまう。 昼、ミックスサンド、珈琲。たまごとハ…

0906

朝、珈琲、ライフで購入した北海道ミルクリング。見た目は普通のドーナツ。味は完全にサーターアンダギー。北海道と沖縄が環状に繋がったというイメージ。嫌いではないが思いのほか重かったので一つだけ。出社。 昨日よりも暑い。8月を越えて、これから徐々…

0905

9月になってもまだ暑く、暑いと言ってもまだマシで、マシだと言ってもただ暑い、やるせない一日。太陽の当たるところと当たらないところが互いに牽制し合いながらゆっくりと移動して人々から集中力を奪っていく。誰も彼も「生まれてからいいことなんて一つと…

リハビリ

もう10年近く前。大学を卒業できずに中退してしばらくニートをしているうちに、ちゃんと卒業して働いている友人たちに負い目を感じて、避けるようになっていって、誰とも喋らずにどんどん内に籠っていって、このままではいかんと大量募集の派遣の仕事に飛び…