読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑顔でさようなら

朝、執行の日を迎える受刑者の気持ちで目覚める。銃殺の朝。珈琲、ローソンのオールドファッション。甘すぎるので半分だけ。外は雨。沈痛な気分に合わせ黒い大きな傘で出発。雨は電車に乗っているうちに止んでしまう。

昼、ミックスサンド、珈琲。たまごとハムとツナマヨ、どれをどの順番で食べるか考えているその時間だけが自分に残された唯一のエンターテインメントであると感じる。これは趣向ではなく信仰。救われている実感。今回は思い切ってハムを最後にしてみました。

他人の機微や駆け引きについては敏感のつもりだが、嫌われるのが怖いみたいな安い自己防衛によって、結局いつも見えてるババを引く。全て受け入れて扱いやすい人間に徹することができたならまだ格好もつくのだろうが、こうなることはわかってた的な小賢しい不機嫌さを滲まるからお互い最後に嫌な気持ちになる。最初から断れば、いいのにな。

夜、米、紀州梅の梅ささみ(冷凍)、味噌汁。電車に傘を忘れる。笑顔でさようなら。