読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夕映え

空は曼荼羅。夏になってもこれくらいの気温ならばいいのに。

 

電車に乗っている人は皆死んだ目で毅然とした態度。

 

 

今日は珍しく冷蔵庫に肉が入っている。固く冷たい扉を開くとそこに未調理の肉が見える。生々しく赤く頼りなく柔らかな剥き出しの肉。

肉を内包している物体って、もはやそれはひとつの、美しく不気味な生命だと言えるのではないだろうか。そも、肉の入った箱と碌なものが詰まってない自分と、一体どれほどの違いがあろうか。むしろ誰かに美味しく食べられる分、まだ肉の方が上等ってやつだ。

東京の夜。室内といえどまだ薄手のパーカーでは少し寒くて、一人っきりの狭い部屋。その片隅で紋章のように身じろぎもせずただそこにある命。その優しい存在感は片時の間孤独を紛らせてくれるけれど、知らない人がいるみたいで居心地の悪さに胸が軋む。

 

空っぽなのは頭だけではなくて、それがどれほど自分を憂鬱にさせるか君はまだ知ったことがない。

 

www.youtube.com