読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

題名のない相撲に寄り添う音楽会

昨夜、日記に4つ動画を載せたのだが、それを全部まとめて再生してみるととても胸がすくことに気付いた。FLAMINGLIPSのZaireekaみたいに同時再生用に設計された音源なわけではないし、BPMもKeyも合ってないし音楽としては最低なのだが、その最低さが心地好い。味を占め今日は日がな一日Youtubeを多重窓にして色んな音楽を同時に再生することに耽溺していた。

そこで思ったのだが、相撲ってどんな音楽にも合うのだ。

ロックもポップスもヒップホップもアンビエントも、何でも相撲のためのアンセムになってしまうのだった。

この発見をどうしようもなく誰かに聞いてほしくて、何百曲という試行の末たどり着いた特に突出した相撲に合う音楽を厳選してここに記す。

 

 

www.youtube.com

まずは相撲の動画をミュートしてループ再生する。(各自任意の相撲取り動画でも可)

そして以下の音楽を一曲ずつ再生しながら上に戻り相撲を見る。

 

NUMBER GIRL - OMOIDE IN MY HEAD(2:48~)


NUMBER GIRL - OMOIDE IN MY HEAD (last live, last song)

これは控えめに言って最高。

 

Aphex Twin - Avril 14th (Extended)

www.youtube.com

相撲の純粋性とそれに付随する悲壮感に目を向けさせるリチャード・D・ジェームス珠玉の一曲。

 

③USK - I AM A FUCKOKA RAVER(0:50~)

www.youtube.com

相撲とピコピコ音との親和性には驚かされた。ノスタルジーを直撃するアーケード感。

 

モーモールルギャバン - 悲しみは地下鉄で

www.youtube.com

土俵の上、勝者がいればそこには必ず敗者も存在するということを再認識させられる一曲。全員一緒に勝てれたらいいのにな。

 

⑤The Origin Of Love - Hedwig And The Angry Inch

www.youtube.com

切り裂かれた自分の半分を探して人間は彷徨い、元の形に戻るために時にぶつかり、時に重なり合うという、相撲の持つ神話性を見事に表現したマスターピース

 

Shing02 - 殴雨

www.youtube.com

完全なる実力社会である相撲界の厳しさと哀愁に焦点を当てたShing02意欲作。

 

Shing02 - 400

www.youtube.com

ずっしりと這うような摺り足のようなベースラインに歯切れのいい八艘飛びのようなライム。Shing02と相撲の親和性には畏敬の念を禁じ得ない。